みもふたもないことを言うけど
風船をくくりつけただけで家が飛ぶのが納得いかない。

最愛の妻エリーを亡くし、家の立ち退きを迫られたことを機に、旅に出ることにしたカールじいさん。行き先は、こどもの頃に見た冒険ドラマに登場する、「伝説の滝」。いつかその岸壁に家を建てたいというのが、二人で語り合った夢だったのだ。風船の力で家ごと移動するという大技で、その夢の実現に超特急で迫ろうとするカールじいさんの冒険は、ワクワクと笑いを詰め込んだ成長物語。セリフなしでつづく冒頭の半生記は、映画史上に残る号泣シークエンス。


つづきます


090413_up