きょうも暑くてよかった!
なんて思える瞬間があるとすれば
それは、かき氷を頬張るとき以外、おもいつかない。


2c8a13c4.JPG


この夏は、
銀座の「東京羊羹」と
新宿の「追分だんご」
の二店で食べた。
どちらも、抹茶白玉ぜんざい、アイスクリームのせを食べた。



「東京羊羹」は、
昔ながらの粗い氷。
粒の一つひとつがはっきり視認できるし
箸の使い方の練習にちょうどいいくらい、大きい。
口に入れると、ガリガリという音が、アゴに響く。
アイスクリームも、粉っぽいというか、昔っぽい味。


「追分だんご」は
一晩掛けてゆっくり降り積もった雪のようにふんわりとした氷。
白玉は、硬くならないように別皿に盛られている。
味の主役は、氷よりもアンコで、
刺激のすくない、ほっとする甘さ。
はっきりいって、アイスクリームはいらなかった。
わざわざアイスクリームをトッピングで追加したじぶんの愚かさを反省。
より甘ければ、より美味しい、というわけではないのだ。